ガス機器の修理

浴槽

浴槽選びのチェックポイント

浴室風呂の在来工法とは?

かつては戸建ての浴室風呂のほとんどを占めていた昔ながらの浴室・風呂の造り方です。
浴室・風呂の周囲に防水加工を施し、その上にコンクリートなどで壁や床を造っていくのが普通でした。
浴室・風呂にあてるスペースがそのままであれば、浴室の内壁に使用するタイルやヒノキ材などをはじめ、様々な素材を選ぶことがで、こだわりのお風呂造りには最適なのですが、この工法では年月とともに防水機能が衰えて水漏れを起すことが多く、浴槽などが直接地面に接する場合にはカビやシロアリなどの影響で深刻な事態をまねきやすいので、その点も注意が必要です。

システムバスとは?

必要な商品を工場で生産し、パッケージ化したお風呂。 浴槽、パネル、水栓金具や選択し組み合わせることが可能です。また浴室暖房乾燥機やミストサウナ、多機能シャワーなどの付加機能、設備の採用により快適性を向上させることができます。 工場生産の安定した品質で工期4日~5日と短く保温性、防音性水密性などの機能がすぐれ、リフォームの主流となっています。

基本のサイズ

基本のサイズは在来工法、システムバスともに、主に0.75坪、1坪、1.25坪の3種類が一般的です。

浴槽のタイプ

主流のシステムバスでのリフォームの場合、単純な交換であれば工期は約3~5日程度です。
在来工法からシステムバスにリフォームのする場合は、既存浴室の解体・撤去・下地コンクリート打設、配管などが必要になるため、工期は1~2週間ほどかかります。
工事内容により、かかる日数は大きく異なりますので詳しくは弊社へご相談下さい。

Copyright © Sendai Gas Service Corporation All Rights Reserved.